Category : 子育てと仕事、上手な両立のために

仕事が忙しい、子供と関われないときは?

仕事をしながら子育てをしていると、どうしても仕事が忙しくて子供と関われないときがあるでしょう。心身ともに疲れ果ててしまい、子供の話をゆっくり聞く時間すらとれない。こうした経験は、仕事をしながら子育てをしている親なら一度や二度はあるはずです。

しかしそんなときに限って、子供は何かしらのトラブルを抱えていたりします。友人関係に悩んでいたり、勉強に行き詰っていたり。そういったトラブルはなくとも仕事で忙しく、子供そっちのけのような状態の親を見て、子供はさみしい気持ちを抱えていることでしょう。このような子供の気持ち、親としてはしっかり受け止めてフォローしてあげたいものですね。

夫や妻が忙しいときには?

まず夫や妻、どちらかが忙しくて子供と関われないときはどうすればいいのか。朝は子供が起きる前に家を出て、帰宅は子供が寝てからという人は珍しくないはず。ある程度成長していればさすがに親の存在を忘れるということはないでしょうが、うまく関われないと「どうでもいい存在」になってしまう可能性が高いです。そこで大事になってくるのが、忙しい相手を気遣う夫や妻の態度。夫婦どちらかが忙しくて家にほとんどいなくても、夫や妻の言動次第で子供が忙しい親にもつイメージは大きく変わります。

家にいないことが多くても、愛情はしっかりあるということを子供に積極的に伝えるようにしてみましょう。例えば父親の帰りが遅い日が続くときは「最近仕事が忙しくて疲れてるみたいだから、大好物を作ってあげようか」というように離れていても愛情はしっかりある、ということを伝えてあげるのが大事。こじつけるように出すことはないですが、家にいない父親や母親の話題を子供との会話に織り交ぜるのもおすすめ。もちろんそのときは愚痴など、マイナスなものではなく明るい話題のチョイスを。日常的に母親や父親がお互いを気にかけ、しっかり支え合っていることがわかると家にいる時間が少なく、なかなか触れ合うことができなくても子供は安心感を抱くのだそう。両親のどちらかが忙しい、とくに父親が激務でなかなか家にいることができないという家庭は多いはず。そんななかでもしっかりと親子の信頼関係が築けるよう、子供と一緒にいることの多い親はぜひ意識してみてください。

メールではなく手紙で積極的に意思疎通を

共働きの場合、タイミングが悪く両親ともに忙しく、なかなか子供との時間を作れないことも多いでしょう。両親が同じ会社に勤めている、というケースもあるためなかなかどちらかがフォローする、ということが難しいことも多いはずです。

その場合は、ぜひ手紙を活用してみてください。手紙といっても長々としたものではなく、メモのようなちょっとしたもので構いません。いくら日常になっているとはいえ、学校から帰ってきたとき、誰も出迎えてくれる人がいないというのはさみしいものです。大人でさえ一人暮らしをしていて、誰もいない我が家へ帰るのが無性に切なくなることもあるくらいですから、子供なら尚更でしょう。そんなとき、一言だったとしても親からメッセージがあれば、気持ちが少しだけ和らぎます。人によってはメモではなく、交換日記やノートなどを取り入れていることもあるようです。普段顔をあわせてじっくり会話はできなくとも、ちょっとした工夫でコミュニケーション不足は補えます。それぞれの家庭の生活スタイルにあった方法を取り入れてみてください。

仕事と子育ての両立のなかで子供とどう関わっていくかは、親にとって永遠の課題でもありますね。どうしても仕事をしながらだと子供の生活ペースにしっかり合わせることができないので、なかなか密なコミュニケーションをとることは難しいです。ただそのなかでも親が子供をしっかり思っている、大事にしているということが伝わっていれば子供が不安をおぼえることは少ないよう。「愛されている」という実感を子供が持てるよう、忙しいなかでもできる工夫を考えてみてください。

Recommend