Category : 子育てと仕事、上手な両立のために

働く母親の大きな壁、小1の壁を乗り越えよう

仕事と子育てを両立するワーキングママにとって、働き方から考え直さなければならないほど大きな壁となるのが、小学校入学です。 保育園までは朝7時から夜は6時、延長があれば7時、8時まで子供を預けられましたが小学校となるとそうはいきません。小学校にあがれば子育てはひと段落する、なんて言う人もいますがむしろ逆。働く母親ならば誰しもがぶつかる小1の壁、どう乗り越えればいいのでしょうか。

学童保育など、保育施設探しは早めに

放課後、親が帰宅するまで子供を預かってくれる施設は2種類存在します。ひとつは小学校に隣接しているような、自治体を通して申し込みをする公営の学童保育施設。もうひとつが直接施設に申し込みをする、民間の学童保育施設です。公営の場合、認可の保育園と同じような方式で申し込みをすることになり、子供の学年や両親の勤務状況などによって優先順位が決まってきます。

月々の費用は比較的安く、自治体によって異なりますが数千円程度のことが大半。ただ現在、共働き世帯の増加によって公営の学童保育施設はかなり入りにくくなっているよう。実際共働きで申し込みをしても、入れないということも多いようです。さらに保育内容についても夕方遅くなると保護者の送迎が必須だったりおやつが出ない、という施設もあり、満足の行く内容にならないこともあるようですね。

一方で民間の学童保育施設の場合、月々の費用は割高ですが自宅まで施設の職員が送迎してくれたり、しっかりおやつが出たりと保育内容は充実していることが多いようです。また申し込みに関しても施設に空きがあればすぐに入ることが可能で、使い勝手という意味では公営よりも優秀でしょう。ただ小学校から距離があったり、月々の費用が高かったりといったデメリットも。またアレルギーの関係から全員おやつは出さない、という方針の施設も存在します。

ファミリーサポートも存分に利用を

運よく学童保育施設に入れたとしても、フルタイムで働いていれば毎日しっかり同じ時間に帰れないこともあるでしょう。その場合、保育園なら延長をお願いすればよかったのですが学童となるとそうもいきません。そんなときにありがたい存在となってくれるのが、ファミリーサポートです。

現在ではほとんどの自治体が独自に運営しているもので、子供を預かる会員と預けたい会員をフィッティングしてくれます。お願いできる内容は多岐にわたり、学童へのお迎えはもちろんのこと帰宅まで預かり先の会員宅で預かってくれるうえ、夕食までお願いできる場合も。利用料は1時間いくら、というような設定になっており、ベビーシッターよりも格安。ただ事前の会員登録が必要なうえ、自治体によっては利用日も予約制をとっていることがあります。どのような利用スタイルをとっているのか、事前に確認しておくのがおすすめです。

また金銭的に余裕があるのなら、ベビーシッターも視野に入れてみましょう。最近はベビーシッターも以前に比べればかなりリーズナブルな料金設定の企業が増えてきて、利用しやすくなりつつあります。夕飯を作ってくれたり用意しておけば食べさせてくれることも可能なようですので、ファミリーサポートでどうしても預けられないときなどの予備として契約しておくのもいいでしょう。

最近は昔のように、祖父母と同居していたりすぐ頼れる距離に住んでいなかったりすることが多く、子育てをしながら働く母親は様々な場面で苦労するでしょう。とくに小学校に入学すると親だけでなく、子供自身も環境の変化に戸惑うことも多いため親も子も精神的に余裕がなくなることが多いようです。学童保育やベビーシッターなど、万全な準備を整えて小1の壁を親子で乗り越えていきましょう。

Recommend