Category : 子育てと仕事、上手な両立のために

母親が育休中は、絶好のチャンス

仕事と子育てを両立する、ワーキングママにとって父親が子育てに積極的かそうでないかは大きな問題ですね。やはり積極的に参加してくれた方が体力的にも精神的にもラクですし、夫婦間でのいざこざもなくなるでしょう。

そこで今育休中だという母親や、育休中の妻を持つ父親はぜひ時間があるの今のうちに子育て参加への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

仕事復帰してからでは遅い

どこの家庭でも共働きならば多かれ少なかれ父親が子育てに参加する機会はあるはずです。もちろん母親の仕事の内容にもよりますが、フルタイム勤務ならサポートが必要ですね。そのため近い将来仕事復帰をする予定の母親やそうした妻を持つ父親も、ある程度家事や育児について分担しなければならないと考えているはずです。しかし育休中まで父親が無理に参加する必要はない、と思っていないでしょうか。母親も時間的に余裕があるし、仕事復帰したらがんばってもらうのだから今のうちはゆっくりしてほしい。そんな風に考えている人も多いことでしょう。

しかし実際は逆で、仕事復帰してから子育てに参加し始めても遅いのです。それまで母親メインで子育てをしているといざ仕事復帰をし、世話をお願いされても父親は勝手がわからず、上手にこなすことは難しいでしょう。母親に教えてもらおうにも、仕事でゆっくり教える時間もなかなかとれない。そのような状態が続けば家のなかは常にぐちゃぐちゃ、夫婦間もギスギス、ということになりかねません。

実際に仕事復帰してから「こんなはずでは」と思う前に、育休中で気持ちにも時間にもゆとりがもてる今こそ父親と子育てや家事の分担についてしっかり話し合っておきましょう。育休中で時間があるため母親もゆとりをもって世話の方法やコツを教えることができます。父親も効率のよい方法など、試行錯誤ができるはずですね。

父親には一度全て経験してもらう

父親の子育てや家事の分担をどう決めるかは、実際に父親自身に一通り家事や子育てを体験してもらってから決めるのが効率的です。授乳やオムツ替え、寝かしつけに入浴など父親はどれが得意なのか、どれを父親に担当してもらうとスムーズに事が運ぶのか。父親や母親、それぞれの帰宅時間なども考慮しつつ決めましょう。

なかには寝かしつけが異常にうまい父親もいれば、一切子供を泣かすことなく入浴させられる父親もいます。とくに寝かしつけは傾向的に父親の方が得意であることが多いようですね。寝かしつけは子供によってはかなり長丁場になることも多いので、帰宅時間があうのであれば父親にお願いするのが望ましいでしょう。

実際父親に子育てや家事を一通り体験してもらうと、母親でないとダメなものは本当に限られてくることに気付くはずです。母乳で育てているのでなければ必ずしも母親がやらなければならないことは、実際ありません。「子育ては母親の仕事」という考えが根強い男性も多いですが、やろうと思えば全てできるんだ、ということをぜひ父親に気付いてもらうようにしましょう。

子育てと仕事の両立は、どんな仕事でも確かに大変です。ですが仕事をすることで家族全員が協力したり、子供は保育園に通ったりと仕事をしなければ得られない経験も多くあります。育休中の今だからこそ、ゆっくりと父親と子育てや家事について話し合ってみましょう。

Recommend