Category : 楽しく子育てをするために

子育てとペット飼育の関係性

小さい子供を持ちながら、ペットを飼うということには賛否両論あるでしょう。親の立場なら、子供が面倒をみるのは最初だけ、子供の世話だけでも大変なのにそのうえペットもだなんて、毛などが体に悪いかもしれないと様々な憶測が飛び交うはずです。ですが、それ以上に、ペットを飼うことは子供の教育に良いはずです。

子供とペットの共同生活

子育てでは、勉強などの知識を積むことも大切なことですが、子供の心を育てるための情操教育も大切です。情操教育とは、感情や情緒を育み、創造的で、個性的な心の働きを豊かにするための教育のこと。つまりは、人や動物に優しく出来、感情を理性的にコントロール出来るような人間になるように、心を育んでいくものです。

ペットと暮らすことで起こるメリット

非言語でのコミュニケーションが豊かに

よく子供とペットが本当の兄弟のように仲がいい写真や動画がありますよね。とはいってもの同じ言葉は話せない。ですが、それによって非言語のコミュニケーションが豊かになるのです。これは、言葉にしなくても相手の気持ちを汲み取れるようになったりすることに繋がります。さらに、ペットをはじめ生き物に愛情がある子は、自尊心が育つとも言われています。また、餌をあげたりすることで小さいころからお世話をするという行為を学びます。小さいころからお世話することは、非常に貴重な経験となるはず。ペットの中でも特に犬は、犬自身にもお世話をしてくれる性格の犬種が多いので、お互いに本当の兄弟のような関係を築いてくれるかもしれません。

命について学ぶ

人間とは違う生命の存在を肌で感じさせてあげることは非常に貴重な経験になるはずです。絵本や動画では、ペットのぬくもりや質感など感じることが出来ませんからね。また、ペットと共に暮らせば、ペットと成長していきます。そして、悲しいことではありますが、ペットの死に際に立ち合い死を実感することで、生命について小さい時から考え、命の大切さを知る機会にもなるでしょう。

精神的な支えになる

大人でも、ストレスなどを感じた際にペットと触れ合う事で癒される、といった人も少ないはずです。それは、子供も同じで幼いころからペットと一緒に過ごした場合、大きくなってから友人関係や家族関係、勉強などでストレスを感じたときの支えになってくれる可能性が大きいのです。

ペットとの触れ合いはいいことが多い

ただでさえ忙しくて大変な子育てなので、それにペットの面倒もなんて…、と思う方もいるでしょう。しかし、ペットとの触れ合いは、赤ちゃんにとってとても良い影響を与えます。中には、毛などからの衛生面を気にする方もいるでしょうが、自分の手で触ってそのぬくもりを実感し、成長していってお世話を経験する中で動物を思いやる心が育つと考えられます。もちろん、アレルギーなどがあった場合は大変なので、子供のアレルギー体質なども確認して、今の住まいで十分に飼育できる環境は、どの動物を飼うかを事前に調べてみるといいでしょう。ペットと子供が一緒の生活は、もちろん大変なこともありますが、それ以上にこれまで紹介したような良い影響があるかもしれません。家族と話し合ったりペットを既に飼っている人に相談しながら検討してみてください!

Recommend